帆布?!

こんにちは!

今日は帆布(ハンプ)について

ウンチクをすこし。

あまり聞きなれない言葉だと思いますが

最近の家具業界では帆布生地を使った

商品が広がっています。

帆布とは漢字が表すように、帆船の帆に

使用されていた布です。

国内帆布の生産7割を、岡山県倉敷市が

生産しています。(倉敷帆布)

身近なものでは、学校の体育館で使われる

跳び箱の上部分や体操マット、あと靴の

コンバースなどもそうです。

帆布はとても丈夫なのが特徴です。

丈夫なわけは、平織と言う織り方に加え

複数の糸を撚(よ)り合わせて織って

いるからです。

その撚(よ)る数によって厚みが変わります。

一番厚い物を1号、一番薄い物を11号と用途に

合わせて厚みが選べます。

家具のソファなどには8号がよく使われています。

帆布は昔から、麻が多かったですが

ソファに使われる帆布は綿100%と

肌触りも気持ちがよく丈夫です。

無地だけじゃなくオシャレな帆布も増えています。

今後も増えていく商品なので、

注目してください。